読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとう整骨院

札幌駅前の整骨院です。腰痛や頭痛でお困りの方は当院へ

暖房

こんにちは。
安瀬です。

1度、雪が降りましたね!
皆さん、ストーブやヒーターを使用する時期ですね。

そこで今回は、暖房について少し。

ヒーターやエアコンもみんな同じなのですが、基本的に暖かい空気は上に行きます。
なので、ストーブやエアコンの設定温度が例えば25℃だとしても、床から35cm位の所、丁度足元ですが、その辺りは10数℃という事が多いです。
ですので、足元は、重ね着や暖かいものを履いて保温した方が良いですね。

 

基本的に、足元が暖かくて頭が涼しい方が、人の頭というか、脳は正常に働きます。
昔は頭寒足熱と言われましたよね。
これは、人が健康な時を表現した言葉です。
体よりも頭の方の温度が3℃くらい低い方が、体や頭の不調が無い状態になります。
体の体温調節も血流も代謝ももちろん脳が管理していますので、この状態を作り出す事が理想です。
少し考えてもらうと分かるかなと思いますが、頭寒足熱の状態と、冬の室内の温度が、逆だと思いませんか?
なので、ずーっとヒーターのついている所にいると、頭がボーっとしたり、風邪をひきやすくなったりと、体調を崩しやすくなります。

そして、先程ストーブなどの暖かい空気が上に上るというお話をしましたが、その際下の方にいたハウスダストやウィルス・菌などが熱と一緒に上に上がってきます。
風邪を引きやすい方や頭が低い所にあるお子さん、アレルギーや喘息のある方など、悪化したりする事もありますので、加湿器などの水分を使って、下に落とすようにすると良いかもしれませんね。

 


気になる症状。
頭痛・めまい・むくみ・喘息・自律神経・不眠・アレルギー・冷え性・ホットフラッシュ・血流・風邪・免疫低下・ハウスダスト

 

●札幌で整骨院・整体をお探しの方は当院へ●

札幌市北区北8条西3丁目32 8.3プラザ2階
いとう整骨院
℡0117377077
月-水: 10:00~19:30
木: 15:00~19:30
金: 10:00~19:30
土: 10:00~14:30

広告を非表示にする